バスケットボールをプレイするには、多くの技術を必要とします。シュートやドリブルなどをはじめ、ステップや体の使い方など様々です。一つ一つの技術をしっかりと身につけるためにも、その技術のことをしっかりと理解しましょう。


 オフボールマン
ディナイ
サギング
ヘルプポジション
ヘルプポジションのスタンス
ヘルプ
ベースラインドライブへのヘルプ
エルボードライブへのヘルプ
トップからのドライブへのヘルプ

ヘルプポジションのスタンス

 ヘルプポジションでのスタンスの基本は「ピストルスタンス」と呼ばれています。

 自分のマークマンと、ボールマンとを同時に指差します。このとき、両手にピストルを持っているような形になるのでピストルスタンスと呼んでいます。

 ピストルを両手に構えたら、顔は正面を向いて、マークマンもボールマンも同時に視野に入れておく必要があります。首を振って両者を確認していると、視野が変わりすぎてターゲットを見失ってしまうときがあります。

 ボールマンとマークマンを直線で結び、そのラインから少し下がったところで両者を同時に視野に入れられるポジションに立ちましょう。自分とボールマンとマークマンを結んだ三角形は、薄く平らな三角形になるはずです。

 三角形の面積が広くなると、空いているスペースが大きすぎて飛び込みプレーに反応できなくなるので注意が必要です。



技術を学ぼうのインデックスへ戻る