バスケットボールをプレイするには、多くの技術を必要とします。シュートやドリブルなどをはじめ、ステップや体の使い方など様々です。一つ一つの技術をしっかりと身につけるためにも、その技術のことをしっかりと理解しましょう。


シュート
リバウンドの
基礎知識
ブロックアウト
(スクリーンアウト/ボックスアウト)
リバウンディング
(ジャンプ・キャッチ・着地)
ディフェンスリバウンド後
オフェンスリバウンド後
オフェンスリバウンドのポイント
オフェンスリバウンドのテクニック

ブロックアウト
(スクリーンアウト・ボックスアウト)


 リバウンドにおいて、ボールの落下地点に入れないように相手を押し出すことを「ブロックアウト」もしくは「スクリーンアウト」「ボックスアウト」と言います。

@まず、相手にぶつかる

 シュートを打ってからボールが落下してくるまでの間、相手の動きを封じます。そのために、相手と接触して押し出すときの身体の寄せ方とステップワーク、ポジショニングを身につける必要があります。

 ボールを取る瞬間、ブロックアウトしている相手に背中を向けることになりますが、最初から背中を向けておく必要はありません。

 相手を抑えている時間は相手の方を向いていたほうが良いですし、ボールを取る瞬間はボールの方を見ていたほうが良いでしょう。

 最初から相手に背中を向けてしまうと、かわされて簡単に中に入られてしまう可能性が高くなります。シュートが起こった後は、まずはブロックアウトする相手の正面にすばやくくっつくことが重要です。

 この接触をしないで背中を向けてしまうと、相手に簡単にかわされてしまいます。

 相手にぶつかり動きを封じてから、ターンをしてボールをとる準備をします。


A相手の動く方向とターンの種類

 これは、無意識に出来ていれば問題ありません。

 ブロックアウトをするときは、いったん半身になっていたり、シュートチェックのためにどちらかの足が前に出ているような状態になっていることが多いと思います。

 そこから、相手がボールに向かう動きを抑えにいくので、2種類のターンを使い分けることが必要です。

 出ている足の方へ相手が動いたら、出ているほうの足を軸足にしてバックターンの要領でブロックアウトすると接触し続けて抑えることが出来ます。
 この場合軸足を下がっているほうの足にしてしまうと身体が離れてしまうか無駄足をふんでしまうことになります。

 引いている足の方へ相手が動いてきたら、その引いている足を軸足にしてフロントターンの要領でブロックアウトすると接触を続けながら抑えることが出来ます。
 バックターンをしてしまったり、軸足を出しているほうの足にしてしまったりすると、接触し続けることが難しくなります。

 ポイントは、背中を向ける瞬間に抑えている相手と離れないということです。離れてしまった瞬間に相手は自由に動けてしまいます。 


Bボールにとびつくよりも先に、相手を抑える

 子ども達にブロックアウトを指導すると、大抵の子がボールに目がいって、ブロックアウトよりもボールを追いかけてしまいます。それだと、自分の真上にボールがくればいいですが、大きく跳ね返ったり、相手が飛び込んできたときにピンチを招いてしまいます。

 全員が自分のマークマンをブロックアウトできていれば、相手はだれもボールをとれないはずです。


 相手にぶつかった後は、半身で抑えておく方法、2秒間正対して抑えておく方法、ぶつかった後にすばやく振り返りボールに飛びつく方法など、様々な方法があります。

 半身で相手を抑えておく方法は、速くボールの位置を把握できますが、左右の動きに弱く相手にかわされやすいというデメリットがあります。それほど相手がオフェンスリバウンドに積極的ではない場合はこの方法で十分な場合が多いと思います。

 積極的なオフェンスリバウンドを抑えるという面では、1〜2秒間は相手と正対して進行方向をブロックし、ボールがリングから落ち始める頃にゴールのほうを向いてボールにとびつく方法が向いています。しかし半身で相手を抑えている時よりもボールの位置を把握するのが遅れてしまいます。

 相手のリバウンドへの積極性、身長やパワーなどを考慮し、状況により相手を抑える方法を使い分けていく必要があります。

Cシチュエーション

 ブロックアウトをするシチュエーションは
 1.シュートチェック後のブロックアウト
 2.ボールサイドオフボールマンにディナイしていた後ブロックアウト

 (右サイドにボールがあって、右サイドにいる自分のマークマンは
 ボールを持っていない状況)
 3.ヘルプサイドオフボールマンでヘルプポジションからブロックアウト
 (右サイドにボールがあって、自分のマークマンは左サイドにいる状況)

 の主に3パターンです。
 この3パターンはそれぞれぶつかるところが難しかったり、足のもって
 いき方が難しかったりと練習する状況が変わりますので、上手にすべて
 を取り入れるとブロックアウトが上手になります。

技術を学ぼうのインデックスへ戻る